【COVID(コロナ)裁判】大陪審 – Reiner Fuellmich博士の冒頭陳述~【被告】 ①クリスチャン・ドロデン博士 ②アンソニー フアウチ ③WHOのテドロス ④ビル ゲイツ ⑤ブラックロック ⑥ファイザー社

[COVID Trial] Grand Jury, Public Opinion Court – Dr. Reiner
Fuellmich Opening Statement

【COVID(コロナ)裁判】大陪審 – Reiner Fuellmich博士の冒頭陳述

この「コロナ事件」はロンドンシティとウオール街に拠点を置く超富
裕層とその金融マフィアのグループが「疑似パンデミック」を利用し
我々大衆を完全に支配するために、数十年にわたる計画を完了させよ
うと実行された『犯罪」である。

【被告】

①クリスチャン・ドロデン博士
②アンソニー フアウチ
③WHOのテドロス
④ビル ゲイツ
⑤ブラックロック
⑥ファイザー社

【4つの事実】

①コロナパンデミックは実際には存在せず、PCRテストによるプラン
デミックに過ぎない。

②本当の治療法は禁止され、危険な「致死性実験注射」が実施された。

③12年前に豚インフルエンザをパンデミックにした者たちがパンデミ
ックの定義を変えてパニックを起こし、このコロナパンデミックを作り
出した。

④首謀者の目的は、我々大衆全員を「支配」することと大幅な「人口削
減」であり、mRNA注射の助けを借りて残った人口のDNAを操作するこ
とである。

最終的には、「デジタルパスポート」で人々を監視、管理し、「デジタル
通貨」は一つの世界銀行からしか受け取れなくし、既に彼らに乗っ取られ
ている国連の下で「一つの世界政府」を大衆に受け入れさせることである。

以上、Reiner Fuellmich博士の冒頭陳述のポイントのみをまとめましたが
それぞれのポイントの裏付け、根拠となる詳細が語られていますので以下
の日本語翻訳付き動画でご確認ください。この冒頭陳述だけからもコロナ
パンデミックの「大嘘」が明確に浮き彫りにされ、この流れが「グレート
リセット」なのだということが理解できるはずです。👇 必見

https://rumble.com/vuh7sl-covid-reiner-fuellmich.html

▼ライブストリーム(英語・ドイツ語)
https://www.grand-jury.net/

一般的な歴史的および地政学的背景
PCR-テスト
注射
金融崩壊
優生学+最終弁論と見通し
心理学とプロパガンダ
最終弁論

▼放送インタビュー/ワクチン被害者インタビュー
(訂正:日本語→英語)

▼大陪審(だいばいしん)

大陪審は、一般市民から選ばれた陪審員で構成される、犯罪を起訴
するか否かを決定する機関をいう。起訴陪審ともいう。 大陪審は、
アメリカ合衆国において、権力分立の仕組みの一貫と考えられてお
り、検察官の処分だけで事件が裁判に付されるのを防ぐという意図
がある。~ ウィキペディア

▼本日のトピック関連情報▼ 重要 👇

コロナは「医療問題」ではなく「人口削減」と「デジタル管理社会」
を目指した「政治問題」である。~ 今後の日本における動きと対策
https://okagesamadesu.net/important-summary-of-corona-pandemic-and-our-future

「グレートリセット」については以下の【Related Posts】で関連
記事が一覧できますのでご参考にして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

言葉を変えれば、現実(いま)は変えられる。 言葉を変えれば、明日(未来)は変わっていく。 言葉を変えれば、運命・人生は変わっていく。 なぜなら、 人生は、 あなたが考える通りに あなたが発する言葉の通りに 現実化していくから。 だから、 マインド(考え方)を変え、言葉を変えれば、 行動が 習慣が 性格が、人格が 変わり、 あなたの運命が、人生が変わります。 今日も時代を超えた賢人たちの言葉から 学び、あなたの夢の実現へ向けて突き進み ましょう! 人生、考え方次第でいかようにも変わります。 今日も全てに感謝して、素敵な1日を 過しましょう!」(*^o^*) いつもおかげさまです。 いつもありがとうございます。 今日も読んでいただきありがとう ございます。 素敵な1日を! 『日々是好日』