「順調なときにこそ」

「順調なときにこそ」

下り坂に向かう兆しは最盛期に現れ、新しい
ものの胎動は衰退の極に生じる。

順調なときにはいっそう気持を引き締めて異変
に備え、難関にさしかかったときにはひたすら耐え
忍んで貫徹しなければならない。

●唐の時代に帳公芸という人物がいたが、この
家の人は、「九世同居」つまり大家族が同じ家
に仲睦まじく暮らしていることで知られていた。時
の皇帝が巡幸の途次、その邸に立ち寄って「九
世同居」の秘訣をたずねたところ、帳公芸は「紙
筆を請い、只だ百余の忍の字を書くのみ」だった
という。家族和合の秘訣は「忍」以外のなにもの
でもないというのだ。

洪自誠がこの一節の原文に引く「百忍」という
ことばは、この故事をふまえている。「百忍」は家族
和合の秘訣であるばかりでなく、困難な時期を
生き残るための条件でもある。

<スポンサーリンク>




ABOUTこの記事をかいた人

言葉を変えれば、現実(いま)は変えられる。 言葉を変えれば、明日(未来)は変わっていく。 言葉を変えれば、運命・人生は変わっていく。 なぜなら、 人生は、 あなたが考える通りに あなたが発する言葉の通りに 現実化していくから。 だから、 マインド(考え方)を変え、言葉を変えれば、 行動が 習慣が 性格が、人格が 変わり、 あなたの運命が、人生が変わります。 今日も時代を超えた賢人たちの言葉から 学び、あなたの夢の実現へ向けて突き進み ましょう! 人生、考え方次第でいかようにも変わります。 今日も全てに感謝して、素敵な1日を 過しましょう!」(*^o^*) いつもおかげさまです。 いつもありがとうございます。 今日も読んでいただきありがとう ございます。 素敵な1日を! 『日々是好日』