『歳を重ねることを楽しむ』

『歳を重ねることを楽しむ』

「無知なものにとって老年は冬であるが、学んだ者にとって老年は春である」

(タルムード:ユダヤ格言)

これはユダヤ民族によって長く語り継がれている格言『タルムード』の中の言葉です。

今日の言葉は、「歳を重ねる」ことについて考えさせられるものではないでしょうか。

みなさんは歳を取ることに対してどんなイメージをお持ちでしょうか?

近年は、“アンチエイジング”や“アクティブエイジ”と言った
積極的な表現を頻繁に耳にするようにはなりましたが、

どちらかと言うと、「歳を取る」という言葉に
ネガティブなイメージを持っている方も少なくないように思います。

特に「歳を取る」と言葉に「可能性が限られている」というイメージを持ち、
消極的思考になる方が多いのではないでしょうか?

ところが歴史的に見ると、「歳を取ること」が特にネガティブなイメージとして
認識されるようになったのは、近代以降のようです。

それ以前は、歳を重ねることは「知恵や技」を豊富に持っていると考えられ、
尊敬される一つの要素でした。

特に東洋では、「老人」を「翁(おきな)」と表し、畏敬の的でした。

老人が老獪な技で若者に拳法を教え込む映画や、
『スターウォーズ』における「ヨーダ」の存在は、そういった思想背景があるからです。

私たちは、時として「もう年だから」という言葉を発し、
自らの可能性に蓋をしてしまい、「夢」を諦めてしまう傾向がありますが、

しかし、「歳を重ねる」ということは、たくさんの経験と体験を通じて、
知恵と技術を身に付けて成長してきた訳ですから、

例え、それがいくつであっても、
今が、自分の人生に於ける「最も可能性に富んだ瞬間」と言えるのではないでしょうか。

「歳を重ねる」こと・・、それは「可能性が拡大する」ことです。

但し、それには「日々、学び続ける」という条件があってのことです。

「学ぶ姿勢」を失い、ただ単に一日一日を無駄に過してしまう者にとっては
死に向かって時を潰していることになりますが

常に「学ぶ姿勢」を保ち、いろんなことに興味を持ち、挑戦し続ける人にとっては
毎日が楽しく、「歳を重ねる」ことが誇りとなるでしょう。

<center><スポンサーリンク></center>
<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 禍福はあざなえる縄のごとし –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4939453329619019″
data-ad-slot=”1325805449″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

ABOUTこの記事をかいた人

言葉を変えれば、現実(いま)は変えられる。 言葉を変えれば、明日(未来)は変わっていく。 言葉を変えれば、運命・人生は変わっていく。 なぜなら、 人生は、 あなたが考える通りに あなたが発する言葉の通りに 現実化していくから。 だから、 マインド(考え方)を変え、言葉を変えれば、 行動が 習慣が 性格が、人格が 変わり、 あなたの運命が、人生が変わります。 今日も時代を超えた賢人たちの言葉から 学び、あなたの夢の実現へ向けて突き進み ましょう! 人生、考え方次第でいかようにも変わります。 今日も全てに感謝して、素敵な1日を 過しましょう!」(*^o^*) いつもおかげさまです。 いつもありがとうございます。 今日も読んでいただきありがとう ございます。 素敵な1日を! 『日々是好日』