夢ある人の見分け方

〇夢ある人の見分け方

『夢に生きる人たちと共に生きる』

「あなたの大望を小さな枠にはめようとする人は避けること。
人間が小さいほど、その傾向がある。

しかし、偉大な人間は、
あなた自身も偉大になれるという気にさせてくれる」

(マーク・トウェイン)

これは、『トム・ソーヤの冒険』でもお馴染みの
アメリカ人作家、マーク・トウェインの言葉です。

私たちが20歳になるまでに周囲から言われる
否定的な言葉は、なんと14万8千回に及ぶと

人間行動と自己開発のエキスパートとして知られる
シャド・ヘルムステッター教授が言っています。

この数字を、20歳になるまでに
一日当たり、何回言われたかを計算すると

一年では7400回、一月では617回、
そして、一日では約20回となります。

「駄目だ」、「お前には無理だ」、「止めておけ」、
「彼みたいにはなれないよ」などと言う言葉を

毎日、毎日、20回以上も

家族や先生、または友人知人から言われたり、
テレビや新聞などから目にしていることになります。

この様に、私たちはネガティブな情報の中で育ってきたのです。

ですから、成長するに従って、それらの言葉から影響を受け、

「自分には無理だ」とか、「どうせ不景気だから…」という
考え方が先に立ってしまうことになるのです。

しかし、成功者と言われる人たちは、
このネガティブなシャワーから身を守るために、

『入力管理』を意図的に行っているのです。

自分が理想とする人生を歩むために必要な
情報が溢れる環境に積極的に身を置き、

不要な情報は遮断するように努めているのです。

この『入力管理』で最も注意すべき点が、
今、どんな人と付合い、どんな会話を交わしているかです。

万が一、周囲の人たちが、影口や否定的な会話ばかりを話し、
嫉妬やあげ足を取っているとすれば、

意識的に身を守らないと大きな影響を受け、
人生にも大きな影を落とすことになるでしょう。

だから、豊かな人生を歩みたいと思うなら、

夢を追う人、行動する人、
そして、それを応援する人と共に生きることです。

自分自身をアップグレードの渦に導いてくれる人と
意図的に交流を持つことが、

私たちの成幸にとっては不可欠な第一歩なのです。

最後に私の好きな言葉を贈ります。

「夢ある人の見分け方、
人の夢を批判するか、応援するか」

ですから、
自分の夢を語り、人の夢を応援する人になりましょう。

そして、「言葉はちから」ですから、

「人の夢」を応援する言葉が、

「自分の夢」を応援すると言うことを知るでしょう。

 

<スポンサーリンク>




ABOUTこの記事をかいた人

言葉を変えれば、現実(いま)は変えられる。 言葉を変えれば、明日(未来)は変わっていく。 言葉を変えれば、運命・人生は変わっていく。 なぜなら、 人生は、 あなたが考える通りに あなたが発する言葉の通りに 現実化していくから。 だから、 マインド(考え方)を変え、言葉を変えれば、 行動が 習慣が 性格が、人格が 変わり、 あなたの運命が、人生が変わります。 今日も時代を超えた賢人たちの言葉から 学び、あなたの夢の実現へ向けて突き進み ましょう! 人生、考え方次第でいかようにも変わります。 今日も全てに感謝して、素敵な1日を 過しましょう!」(*^o^*) いつもおかげさまです。 いつもありがとうございます。 今日も読んでいただきありがとう ございます。 素敵な1日を! 『日々是好日』